more と even more の違いと使い分けを知ろう!

軽く復習!動詞 + more

 

事柄を比較するときによく使われるのが、比較級です。

形容詞の比較級の場合は、形容詞を変化させて easier, bigger

文字数は多いものはmore を付けて、more beautiful, more important

となります。

では、動詞と一緒に使われるmore はどのような働きがあるでしょうか?

 

誰かと行く旅行も好きだけど、一人旅の方が好き

I like traveling with someone, but I like traveling alone more ( than traveling with someone ) .

 

「好き」という動詞に対して「もっと~だ」と意味を付け加えるのが、この文末のmore です。

more の後ろにthanが続く場合もありますが、上記の場合は前述の繰り返しになるので省略するのが普通です。

more than… と続ける場合は、このようになります。

 

誰かと行く旅行よりも一人旅の方が好き。

I like traveling alone more than traveling with someone.

 

文末にmoreが付く場合や、more than… となる場合は動詞を修飾していることが分かります。

以上のことを踏まえて、more とeven more との違いを見ていきましょう。

 


【全レベルにおススメ】筆者が初心者時代から愛用している文法書はこちら


 

more と even more の違い

 

more と even more の文章を比較してみましょう。

 

① 誰かと行く旅行も好きだけど、一人旅の方が好き

I like traveling with someone, but I like traveling alone more.

 

② 誰かと行く旅行も大好きだけど、一人旅の方がもっと好き

I love traveling with someone, but I love traveling alone even more.

 

見て分かるように、even more( than… ) を使うことで「さらにもっと」と強調していることがわかります。

 

ネイティブの会話を聞いているとeven moreがよく使われています。

more と even moreを気軽に使い分けるといいでしょう。

 

[Examples]

プロの選手になるためには、今以上にもっと練習する必要がある。

To become a pro player, I need to practice even more than ever.

 

泳ぐことも嫌いなんだけど、水着を着るのがもっと嫌だ。

I hate swimming, but I hate wearing a swimsuit even more.

 

▼関連記事

even+比較級の使い方と例文を紹介!

 

 

あとがき

 

even moreを使いこなせるようになると、表現できる幅が広がります。

是非、覚えて使ってみましょう^^