そんなことってある?!は英語で何て言う?

そんなことってある?!俺らが食料をきらすわけないだろ。

That’s impossible. We can’t be out of food.

グリンチ

クリスマス映画といったら「グリンチ」!のアニメーション版からです♪

買いだめしておいた食料が底をついたことに驚いたグリンチが放ったフレーズです。

 

1.信じられない!と思ったときのリアクションに使える

 

impossibleは、「不可能な」という形容詞です。

That’s impossible!を直訳してしまうと、「それは不可能だ!」となってしまいますが、

私たちが言うそんなバカな!」「そんなことってあるかよ!」「それは無理でしょ!とリアクションする時に使えます。

 

似たようなフレーズとしては、

信じられない!

I can’t believe it!

まじで?

Seriously? / Really?

これらがありますが、私自身「そんなことってある?!」と日本語でよく言うので、That’s impossible!を新しいボキャブラリーに入れたいと思います。

 

2.状況を指す主語はThat

 

このフレーズが使われたシチュエーションを少し分析してみましょう。

グリンチが、たんまり買っておいた食料がもう既に底をついたことに対して、「そんなことってある?!」とリアクションしています。

つまり、状況」に対してびっくりしているんですね

日本語は主語がないことがほとんどですので、「英語の主語って難しい!」と感じる方が多いと思います。

今回の例を見ると状況を指す主語としてThatが使われていることがわかります。

ItThatの使い分けはあまり気にしない人もいると思いますが、ネイティブは明確に使い分けているのです。

ですが私自身も、「Itは何かの自分の感想や自分のことを指す場合に使い、Thatは相手が述べたことに対してリアクションするときに使う。」という認識でいましたが今回のフレーズで、目の前の状況に対してリアクションする場合は、Thatが主語にくるのは新しい発見でした◎

 

3.impossibleと相性がいいcan’t

 

そもそもimpossibleの意味は「不可能な」という意味でしたね。

不可能=~できない=can’t と連想できるように、can’timpossibleと非常に似た意味を持ち、相性のいい助動詞です。

ですが、ここでのcan’t は「~するはずがない」という意味で使われています。

We can’t be out of food.を「俺らが食料をきらすことはできない。」と訳してしまうと不自然な日本語になってしまいますが、「俺らが食料をきらすわけないでしょ!」が自然な和訳ですね。

※ちなみにグリンチは愛犬であるマックスと二人暮らしでマックスに話しかけているので主語はWeです。

That’s impossible!の後に、不可能な理由や信じられない理由をつけ足していう場合は、「~するはずがない」という意味のcan’t を使うと自然な話の流れになりそうですね!

 

筆者の一言

グリンチはキッズ向けの作品ですので、英語学習にも非常に最適です。

ですがキッズ向けとは言えど、高校レベルの文法も出てきます。

初心者さんだけでなく、中級者以上の方もグリンチのセリフを一つ一つ分析してみると新たな発見が沢山あるかもしれません。(今回でいう、Thatが主語になるシチュエーションなど)

今後も、グリンチのセリフで日常生活に使えそうなワンフレーズを抜粋していきたいと思いますのでお楽しみに!