そんなに大事なら直接会って言えよ。

そんなに大事なら直接会っていえよ。

If it’s really that important, you should just ask him face-to-face.

グリンチ

クリスマス映画のアニメーション版グリンチから♪

小さい女の子がサンタさんに向けた大事な手紙がなくなってしまい、大慌て。

そんな様子をみたグリンチが女の子に言ったセリフです。

1.ボキャブラリー

 

important 重要な
ask 頼む
face-to-face 直接

※文中のhimはサンタのことを指します。

2.そんなに~なら

 

ここで少し疑問に思ったことがありました。

  1. If it’s really important,
  2. If it’s really that important,

なぜ②の方は、important の前にthat があるのでしょうか?

初めて見た形だったので、少し検索してみるとthatimportantを強調しているみたいです。

1. もしそれがめっちゃ大事なら、

If it’s really important,

2. もしそれがそんなにめっちゃ大事なら、

If it’s really that important,

このようなニュアンスの違いがあります。

that をつけることで「そんなに」と強調できるんですね!

日常会話で使えそうです。

3.shouldは柔らかい提案

 

should は「~すべき」と訳されるのが日本の教科書のテッパン和訳ですが、私が今まで聞いてきたshouldのイメージは少し違います。

~したらいいんじゃない?

~したほうがいいよ。

このイメージが強いです。「~すべき」よりも、柔らかい提案です。

グリンチのフレーズも、「サンタに直接会って言えば?」というニュアンスで「~すべきだ!」と強い意味合いではないと感じます。

4.face-to-face

 

日本語でも「フェイス to フェイス」と言いますが、英語もそのまま使えます。

「面と向かって」、「直接」という意味です。

 

全く同じ意味では、in person という表現もあります。

よく聞くのはin personの方ですがグリンチは、face-to-faceと言っていますね。

MEMO

in person副詞

・face-to-face形容詞・副詞

今回のface-to-faceは副詞として使われているが、形容詞でも使える。

 


 

フレーズに使われている単語は#タグとして検索でき、他のフレーズでどのように使われているかを検索することができます。

 

例)face-to-faceが使われている他のフレーズを探したい場合

#face-to-faceをクリック!

 

サイトを開設したばかりで、サンプル数は少ないですが、今後たくさんのフレーズが検索できるよう記事を更新していきますので、是非ブックマークをよろしくお願いします♪