never と ever を同じ文で使える?映画のセリフから学んでみよう!

 

前回は否定文のeverについてやりました。

今回も否定文のeverをやっていきますが、前回チョイスしたワンフレーズとは少し違うタイプをピックアップしてみました。

 

never ever をあまり理解できていないという方は、前回の記事も併せて勉強していきましょう!

▼前回の記事

否定文での”ever”を映画「アラジン」から学ぶ。

 

1.ややこしい neverever をスッキリ解決

 

つまづきやすい文法の一つ、neverever

軽く意味と使い分けを確認しましょう。

 

never

「一度も~ない」という否定の意味を持つ。

つまり、neverがある文章は否定文。

 

ever

「今まで(一度でも)~ある」という意味をもつ。

ever単体では、否定の意味はない。

 

こう見ると、nevereverの意味は全く違うのになぜややこしくなってしまうのでしょうか?

 

私の学校教育の記憶によると、

「疑問文ではneverは使えず、everを使い、否定文ではneverを使う….。」

と暗記して覚えたような気がします。

なぜ否定文ではeverが使えないのか、などという理由までは教わらなかったはずです。

 

前回の記事でもやりましたが、

このような覚え方をするのではなく、

nevernot everの意味だから、否定の意味を作る場合はnever、肯定文や疑問文ではeverが使われる。

と覚えた方が楽!と紹介しました。

 

経験の現在完了形では、everは「今まで(一度でも)~ある」という意味で使われるので、

この否定の意味not ever (never) では、「今まで一度も~ない」となることが理解できると思います。

 

ですので、

「経験」を聞く疑問文では、everを使い、

 

日本に行ったことある?

Have you ever been to Japan?

 

これの答えとして、「一度もないよ」と否定したい場合ではneverを使います。

 

日本に一度も行ったことない。

No, I’ve never been to Japan.

 

なぜneverは肯定文や疑問文で使われないのか、理由が分かるかと思います。

まずは以下の3点を押さえて、実際に映画で使われたセリフを見てみましょう。

 

まとめ
  1. never  「一度も~ない」
  2. ever    「今まで(一度でも)~ある」
  3. never = not ever

 

2.neverever が一緒に使われる場合

 

neverever は、反対の意味を持つことがわかりました。

ですが、そんな彼らも1つの文章に同時に使うことができます。

それが今回やっていく内容です。

 

否定の語は1つ

 

ディズニー映画「2分の1の魔法」から、neverever を一緒に使っているワンフレーズをピックアップしました。

それがこちら。

 

その時、もう二度と怖がらないって決めたんだ。

That’s when I decided I was never gonna be scared ever again.

 

That’s when I decided… に続く構文に注目すると、一つの構文の中にneverever が一緒に使われていますね。

まず、never が使われている時点でこの文は否定の意味を示していることがわかります。

前回もやりましたが、否定を表す語の後に更に否定の語を入れる場合(二重否定)

文法エラーもしくは、意味が全く異なってしまうことがあります。

 

前回のワンフレーズを元に考えてみましょう。

 

そんなこと聞かれたことない。

No one’s ever asked me that before.

 

No oneという否定の語が既にあるので、この文自体は否定文

しかし、否定文で使うとされるnever ではなく、ever が使われていますね。

これがもしneverとなると、No oneで否定して、neverで更に否定。つまり二重否定となってしまい、この場合は文法エラーです。

 

今回の「2分の1の魔法」のフレーズも同様です。

(省略)I decided I was never gonna be scared ever again.

 

否定の語はneverの1語のみであることがわかります。

 

英会話で瞬発力が求められる場合、この二重否定をしてしまいがち。

私自身も、気を付けていても気づかずミスしている可能性も。。

 

never, everを使うとどうなる?

 

では、「2分の1の魔法」のフレーズの意味を確認していきましょう。

 

その時、もう二度と怖がらないって決めたんだ。

That’s when I decided I was never gonna be scared ever again.

 

ever again は、「また~がある」と訳すことができますね。

ever は、「今まで(一度でも)~ある」という意味を持っている。と前章でやりました。

againは、皆さん知っての通り「また」という意味です。

 

ここでneverの意味を足すとどうなるでしょうか?

また~がある」を否定するので「二度と~ない」という意味になることが想像でるでしょう。

 

テイラーの有名な曲、We Are Never Ever Getting Back Together のタイトルにもあるように、Never Ever で「私たちは二度とヨリを戻さない」という強い否定の意味になっていますよね。

 

2分の1の魔法」のワンフレーズも同様。

「二度と怖がらないって決めたんだ」という強い意志が、never… ever again.で表現されています。

 

このように、否定のneverと肯定の意味をもつeverは一緒に使われることがあり、neverが持つ否定の意味を更に強調します。

また、「強調する」ということはever(again)はなくても文法的にOKということです。

 

もうあんなことしない。

I will never do that.

このように、never単体でもよく使われます。

 

never以外の否定の語

 

否定の語はneverだけではありません。

 

彼に二度と会いたくない。

I don’t wanna see him ever again.

 

二度とあそこには行かないなー。

I won’t ever go there.

 

このようにneverだけではなくnotで否定し、everを一緒に使うこともあります。

いずれも、二重否定になっていないことがわかりますね。

ex)  I don’t wanna see him never again. don’tneverで二重否定なので×

 

まとめ
  1. neverの後には否定の語は続かない(二重否定をしない)
  2. neverever (again)を一緒に使うことでneverの意味を強調する
  3. evernever以外の否定の語と一緒に使われることもある



 

3.あとがき

 

前回に引き続き、nevereverについて見ていきました。

全く意味が異なるのに、間違いやすい2つですし、

二重否定については、私も英会話でやっちゃている可能性大です。

 

今回のように作品で使われる英語を一つ一つ丁寧に理解してくことで、見過ごしていた文法エラーを自分で発見することもあります。

ディズニー作品は語彙が難しすぎず、文法に集中して英語の勉強をすることができます。

もしディズニー作品が大好きで英語を勉強している方は、お気に入りの作品で勉強してみましょう!

 

▼関連記事

否定文での”ever”を映画「アラジン」から学ぶ。 ~は今まで見たことがない。は英語で何て言う?「褒める英語」を学ぶ。

 


 

フレーズに使われている単語は#タグとして検索でき、他のフレーズでどのように使われているかを検索することができます。また、作品別で検索もできます。

 

例)everが使われている他のフレーズを探したい場合

#everをクリック!

 

例)2分の1の魔法の他のフレーズを探したい場合

#2分の1の魔法をクリック!