~するつもりだった。を英語で言うと?中学英語の便利な表現を学ぼう!

 

「~するつもりだったんだけど、結局やらなかったんだよね」

 

このように伝えたい場合、どのように英語で表現できるでしょうか。

実は中学レベルの簡単な文法で表現することができます。

 

was / were going to …

 

過去に予定はしていたものの、結局はやらなかったこと は、

was / were going to 動詞の原形 で表すことができます。

未来の予定を表す、am / is / are going to 動詞の原形の過去形ということです。

文法自体は超シンプルです。

 

では、例文を見てみましょう。

 

買い物に行くつもりだったんだけど、その日は家にずっといた。

I was going to go shopping, but I stayed home all day.

 

明日から旅行に行く予定でしたが、飛行機がキャンセルされて行けなくなってしまった。

I was going to go on a trip from tomorrow, but the flight was canceled and I can’t go.

 

ここでのポイントは、「過去に予定していたかどうか」です。

明確な予定があったのにも関わらず、しなかった、できなかったこと。

日常会話でもよく使う表現ですので、覚えておくと便利です。

 

 

was / were going to と would との違い

 

was / were going to 動詞の原形は、「過去に予定していたかどうか」がポイントでしたね。

一方で、予定していないことに関しては、would を使うのが一般的です。

 

私はあなたに勝つと思っていたけど、負けた。

I thought I would beat you but I couldn’t.

 

天気予報では雨と言っていたが、降らなかった。

The weather forecast said it would rain, but it didn’t.

 

これらを見ると、予定を組んでいたというよりも「予測」であることが分かると思います。

 

まとめ
  • 予定はしていたが、しなかった ⇒ was / were going to
  • 過去からみた未来の予測 ⇒ would 

 

 

まとめ

 

知識として知っていることでも、実際の英会話で使えるようになるにはアウトプットが必要です。

是非、オンライン英会話等で今日勉強した内容をアウトプットしてみましょう!